遺伝子検査の方法

○採血
 ・受診者は検査に関する説明を受けた上で同意書に署名します。

 ・約2mlの採血もしくは、口腔内粘膜を採取します。

 ・受診者の検体は解析実施機関に送付されます。

○遺伝子情報の測定
 ・検体の白血球の核からDNAを抽出し増幅させます。

 ・DNAチップを使用し、動脈硬化やメタボリックシンドローム、
  糖尿病合併症に関連するSNPを測定します。


DNAチップはガラス基板上にあらかじめ配列のわかっているDNAを極微量、均質に固定したものです。




光っている赤色()、緑色()、黄色()が1つ1つの遺伝子の型を示しています。




○判定結果の作成
 あなたの遺伝子情報と生活習慣の指標となるデータ(血圧、総コレステロール、中性脂肪、ヘモグロビンA1c、BMI、喫煙歴など)から統計学的な方法を用いて判定結果が導かれます。



Q. 遺伝子だけではわからないのですか?
A. 生活習慣病の場合、両親から遺伝によって引き継ぐのは「病気のなりやすさ」であって、「病気そのもの」ではありません。特に、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病合併症などは、遺伝子のみが原因で発症する病気ではなく、生活習慣など様々な要因が積み重なって、はじめて症状として現れる病気です。ですから、遺伝子多型と生活習慣のデータを解析することによって、あなたの「病気のなりやすさ」がわかるのです。